ホワイトニングには、歯医者さんで受ける、過酸化水素などを主成分として、レーザーや光によって漂白する「オフィスホワイトニング」と、歯医者さんで作成してもらったマウスビースに薬剤を付けて歯にはめ込む「ホームホワイトニング」というものがあります。
過酸化水素や過酸化尿素を塗布すると、歯の表面は細かく形が変化します。フッ素には、この変化した歯を元に戻したり、コーティングすることによって汚れがつきにくくなったり、同時に外からの刺激を遮断する効果もあるので、施術後の知覚過敏を防ぐ効果も持ちます。虫歯の原因となる菌の繁殖を抑える役割もあるので、せっかく白くした歯が虫歯によって茶色くされてしまったということも防いでくれます。
このフッ素コーティングは、オフィスホワイトニングであれば施術後に本格的なものが行われることが多いです。しかし、自宅でのホワイトニングの場合、そのような設備はありません。そんなときは、フッ素が入った歯磨き粉を使用することで、同様の効果が得られます。ちなみに、ホワイトニングをしている最中は、成分の効果を下げてしまうので、フッ素の使用はしないほうが良いです。
フッ素は、日頃の歯の健康のために使われるだけでなく、ホワイトニングにおいても重宝される成分なのです。

プレミアムブラントゥース パールホワイト 比較